記事一覧に戻る

総務財政委員会開催(2019/9/19) ※神戸市の財政状況は?

平成30年度の各会計決算が発表。総務財政委員会にて当局から報告。

一般会計決算収支については、20億4,000万の黒字確保。私自身は、このことについて、当局側の継続した「事務事業の見直し等」の行財政改革により成果が出ていることに対して一定の評価をしています。しかし、市税の伸び率について、考察していく必要があると考えます。政令指定都市(20都市)の比較において、個人市民税の伸び率は、政令指定都市中の下から2番目。法人市民税伸び率については、下から3番目。固定資産税伸び率については、下から5番目。このような財政指標を把握しただけでも、神戸経済の活性化をソフト・ハード面で実施していく必要があります。

来週の本会議にて、具体的な経済における政策提案を積極的にしてまいります。

 

記事一覧に戻る