記事一覧に戻る

令和4年 福祉環境委員会が開催  2022/07/15

福祉環境委員会が開催され、各局にて質疑させていただきましたが一部の健康局質疑を下記に抜粋。

■高齢者施設等への医療提供体制の強化について
コロナ禍において、医療関係者及び当局、関係者各位が現場にて頑張っていただいていることは承知しています。しかし、昨年においては感染者数の増大とともに多くの福祉施設でクラスターが発生し、施設の中には、複数回クラスターが発生した施設もあったと認識しています。今後、第7波で、感染者数が増えていくことが想定されるなか、同じ轍をふまないようにしてもらいたいと考えます。高齢者施設におけるコロナ対策は具体的にどのように進んでいるのか当局の見解を確認。

これまで、神戸市では高齢者施設等への医療提供体制の強化として、感染制御・業務支援チームの派遣を実施しており、入所施設への派遣は89 件(1月1日~7月13 日)に及んでいます。また、施設内での経口薬等による治療の早期実施を促しています。また、高齢者施設(介護老人保健施設/特別養護老人ホーム)の嘱託医等の処方医療機関登録は、172 か所のうち、166 か所 登録(7月2日時点)に普及しているとともに高齢者施設等への感染症予防対策の巡回訪問指導も実施しております。

第7派が広がっている現状において、高齢者福祉などの施設内でクラスターを生じさせてはならない。

なお、兵庫県では7月15日に新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染者急増への対策として飲食や外出の行動制限は現時点では求めず、病床数の増床や保健所の人員増員で対応することを決定した。

 

記事一覧に戻る