記事一覧に戻る

令和4年 未来都市創造に関する特別委員会視察  2022/05/12

本日はあいにくの雨でしたが、特別委員会として神戸ポートアイランドにある港湾技能研修センターを視察させていただきました。

一般社団法人 港湾労働安定協会が運営しています。当該研修センターは、昭和63年5月に愛知県豊橋市に設置・運営してきましたが、令和元年10月に施設・事業を拡充して神戸市のポートアイランドへ移転・開所した経緯があります。

港湾技能研修センターでは、① 港湾荷役作業に必要な免許・資格が取得可能。具体的には、フォークリフト・玉掛け・船内荷役作業主任者などの技能講習、クレーン・揚貨装置などの実技教習及び大型自動車などの自動車教習を行い、港湾荷役作業に必要な免許・資格の取得。

② 港湾荷役機械の操作技能を効率的に習得。
具体的には、ガントリークレーン・デッキクレーン・ストラドルキャリヤーなどの荷役機械やコンテナ船の船倉を模した船形などを備え、実際の荷役と同様の環境で実践的な訓練を実施。

③ 新入社員研修等の従業員教育を支援。
具体的には、研修センターでは、若年港湾労働者研修、管理監督者研修及び危険体感研修を実施しています。危険体感研修は港湾荷役作業で生じる危険を疑似体感することで、低下しがちな危険感受性を高めることを目的として実施。

県外からも幅広く、参加しており、コロナが落ち着けば海外からの受け入れもしていくとのことでした。時代に応じたリモート研修も積極的に展開していただきたいと考えます。

 

記事一覧に戻る